Ruchia.Leiのオリジナル漫画創作サイトです。

menu
Mater Mare


イラスト描くよ

友人がフェイスブックに夕焼けの写真をアップしてました。

それがとても綺麗で、久しぶりに何か描きたくなりました。

なぜだかここ2、3ヶ月、人を描きたくなくてペンを取ることもなかったのですが向かい合うシルエットを作ってみると表情を描きたくなりました。

夕焼けを羽みたいに伸ばしてみると自然とお腹の中に意識が向きました。

まだ性別がわからないと言われましたが、本当にどっちでもいいです。

ただもし、これから決まるのなら「どっちで産まれる?」というやりとりが胎内で行われてたら面白いなと思いました。

私が母の胎内にいるとき、両親は初めて占いに行き、占い師に性別を聞いたそうです。

そして100%男の子と言われたそうで、母はそれを信じ男の子としての胎教を続けました。

「男の子はいずれ家庭を持ったとき、働いて家族を養わなければいけない。だから、それまではなんでも好きなことを自由に楽しくやらせてあげたい。」

「楽」男の子の名前まで用意してもらって、いざこの世に出てきた赤ん坊は女の子でした。

胎教の甲斐あってか、14歳くらいまでは自分は男の子だという意識が強かったです。

というか、いずれなろうと思えば男になれるし!くらいに思っていました。

女の子でもまあいいやと思ったのは、筋力の差、身長差を感じたときに男に頼れる女の子のほうが楽やな!と思ったことが一つ。

好きになるのは男女問わずでしたが、恋愛対象が男の子だったというのがひとつ。

しかし。頼れば楽なのは百も承知ですが、「やれることは自分で、人に頼るな」という教育方針のおかげですっかり甘えベタな性格になり、大学の頃まで男の子達が力仕事をするときはふつうに頭数に入れられておりました。

親の言うことをきちんと聞く方ではなかったのにやはり影響は受けているんだなあと気づくこの頃です。

胎教が大事!お母さんが穏やかに妊娠生活送ってないと!といろんなところで見聞きします。

でも結局は、産まれてから本人が獲得していくものの方が圧倒的に多いと思いますが、どんな人が産まれてくるのかと思うと、やはり楽しみです。

人の顔を描けることも確認できたので少しホッとしたひと時でした。

 


▼ポチッとお願いします▼
にほんブログ村 漫画ブログ オリジナル漫画へ
にほんブログ村


Web漫画ランキング



  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログ村ランキング